アジアの言語:マレー語 こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > アジアの言語 > マレー語

アジアの言語:マレー語の翻訳を依頼する

アジアの言語:マレー語の翻訳とは

▼マレー語の翻訳について
マレー語に関する翻訳も、スマート翻訳では扱っております。
日本語で書かれた文章をマレー語に、またマレー語を日本語に翻訳することだけでなく、「英語からマレー語への翻訳」や「中国語からマレー語への翻訳」のような、日本語以外の言語とマレー語の翻訳も承ります。

▼マレー語について
マレー語は主に東南アジアのマレー半島やその周辺諸国で使用されている言語です。マレー語の話者は、約2500万人とされ、マレーシアやシンガポール、あるいはボルネオ島に位置するブルネイなどでも公用語として使用されています。
マレー語はオーストロネシア語族西オーストロネシア語派に属する言語で、インドネシア語などはマレー語の方言とされています。
またイギリス植民地時代の名残を受けて、マレー語の表記にはラテン文字26字が使用されます。イギリス植民地以前には、ジャウィ文字というアラビア文字をベースにした文字が使用されていました。

▼他言語との共通点が多いマレー語
マレー語とインドネシア語はしばしば似ているといわれます。一部では、両者の約90%が一致するという説もあります。一般的にはマレー語の方言がインドネシア語であるとされ、日本語でいう標準語と大阪弁の違いのようなもの、という意見もあります。
また、マレーシアには多くのイスラム教徒がいますが、マレー語自体はアラビア語などの影響をあまり受けていません。むしろ英語から借用した語彙が多く、これはイギリス植民地時代の名残ともいえるでしょう。
またマレー語とインドネシア語の違いは、植民地時代の宗主国の違いも影響しているといえます。マレー語に比べてインドネシア語では、アラビア語由来の語彙が多く、英語から借用された語彙は少ないとされています。その代わりにインドネシア語では、宗主国であったオランダ語などから影響を受けているといえます。

アジアの言語:マレー語に関するご依頼・お見積もりは下記までお問合せ下さい。
その他、ご質問がありましたらお気兼ねなくお問い合わせ下さい


こちらから無料見積もり!この場でお見積もりをお出しします(会員登録不要・無料見積もり)
Word、Excel、PPT、PDFなどのファイル原稿は、ワード・PDFの翻訳からアップロードできます。

ファイルでの翻訳見積り依頼

翻訳用テキストの入力

原稿ファイルのアップロード

言語の選択
品質レベル

 

お見積り

お見積りは、会員登録が不要

その場ですぐに確認できます

新規会員登録

お電話での問合せ
(平日 9:00~17:00)

0800-555-5510

会員ログイン

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン

※パスワードを忘れた方はこちら
※新規会員の方はこちら

法人様向け銀行振込み

銀行振り込みでのお支払いが可能です。

お支払いは、納品月末締め、翌月末払いです。

弊社から後日送付する請求書をご確認頂き、お支払い頂きます。

※お手数ですが、振込み手数料はお客様のご負担となります。詳細はお電話にてお問い合わせ下さい。

公費でのお支払い

大学・公共団体・公官庁関係の担当者様向けに、科研費決済や研究助成金など公費でのお支払いが可能です。

三連書類(見積書・納品書・請求書)の発行も承っております。

※詳細はお電話にてお問い合わせ下さい。

クレジットカード払い

下記のクレジットカードに対応しております。

VISA Master JCB 
Diners American Express 

スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語