どんな場面で翻訳事業者を利用するのか?

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > どんな場面で翻訳事業者を利用するのか?

どんな場面で翻訳事業者を利用するのか?

翻訳会社が必要となる主要な場面は次のように分類できます、第一に、内部的人材による作業では希望する水準の翻訳が適切な期限では実現できない場合、第二に、内部的人材による作業よりも低コストになる場合、第三に、特殊なスキルが必要となる場合などです。

英語を読み書きできる人、いまどき珍しくはないかもしれませんが、自国語と同レベルまで外国語を操り、細かいニュアンスや専門用語を訳出できる人はまだまだ稀といえるでしょう。そのような希少な人材に何でもかんでも翻訳案件を任せられるかというと、それもまた難しい話です。より程度の低い・重要性の低い文書の翻訳となると、なおさらそのような希少な人材に作業させるわけにはいきません。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語