入稿形式によって翻訳料金も異なる

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 入稿形式によって翻訳料金も異なる

入稿形式によって翻訳料金も異なる

たいていの翻訳会社は、コンピュータで扱う一般的な文書ファイルの形式に対応してくれます。事前確認は必須ですが、DTP、CADといった特殊なアプリケーションのデータ形式に対応してくれる場合も少なくありません。ただしDTPやCADのファイルを扱うには専門的スキルが必要であり別途コストがかさむ側面があります。

翻訳依頼でやりとりするデータ形式としては、テキスト形式やワード形式のファイルで扱うのが、あらゆる面で最も簡易であり低コストといえます。その他のファイル形式の場合はオプションとして追加料金を設定している場合も少なくないので事前に確認しておきましょう。
スマート翻訳ガイド