文体やスタイルを事前に打ち合わせる

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 文体やスタイルを事前に打ち合わせる

文体やスタイルを事前に打ち合わせる

翻訳を依頼するにあたって、文体や文の調子なども事前に顧慮する必要があります。

特に外国語から日本語への翻訳では、文章を敬体(ですます調)に訳すか、それとも常体(だ、である調)に訳すかによって、文書全体の雰囲気が大きく異なります。文書の種類や性質によって、やさしい雰囲気にするのか、硬い感じにするのか、敢えて直訳風に訳するのか、意訳を多用してでも自然な文章に訳するのか、などの違いが生じます。

しかしながら、文体やスタイルは翻訳者のスキル・文章能力によるところが大きく、語学力・翻訳のスキルとは必ずしも一致しません。文体に関する要望には限界があるものと考えた方がよいでしょう。それでも、大まかに文体についての要望を述べ、対応について相談するのがよいでしょう。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語