納品時のデータ形式について打ち合わせておく

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 納品時のデータ形式について打ち合わせておく

納品時のデータ形式について打ち合わせておく

翻訳後のデータを扱う最も一般的な形式は、標準的ワープロソフトである「Word」のファイル形式であるといえます。次いで、プレーンテキストの場合も多いといえるでしょう。

多くの翻訳会社は、その他にも、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトなど、多様なファイル形式での出力・納品に対応しています。

また、そのままWebページとして利用可能なHTMLファイルとして作成したり、そのまま出版物として利用可能なDTPフォーマットとして作成したりといったオプションサービスの提供を強みとする翻訳会社も多くあります。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語