翻訳した資料の利用用途を明確にする

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 翻訳した資料の利用用途を明確にする

翻訳した資料の利用用途を明確にする

単に翻訳といっても、用途によって、要求される品質・適した翻訳サービス・翻訳にかかるコストや時間、などが異なります。翻訳依頼の前に、最終的にどのような場面で、誰をターゲットとして翻訳された資料を使用するのかを意識してみるとよいでしょう。

例えば、科学論文の翻訳には、非常に厳密な翻訳が求められます。この場合、翻訳スキルだけでなく、その専門分野における専門知識をも兼ね備えた翻訳者に翻訳を依頼する必要があります。通常、高い能力が要求される分だけコストが上乗せされます。

他方、消費者として海外企業に商品の発送状況を問い合せる場面のように、特に専門知識も必要になく、文書の厳密さもあまり必要とされない翻訳案件であれば、それほど高度な知識・経験・翻訳スキルを駆使しなくても十分に翻訳の目的を果たせます。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語