翻訳しなくてよい個所を削除する

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 翻訳しなくてよい個所を削除する

翻訳しなくてよい個所を削除する

文書の内容や性質によっては、必ずしも翻訳しなくてよい部分が含まれている場合があります。敢えて翻訳しなくても文書を翻訳する目的が達成できる、という個所があった場合、思い切って翻訳対象から除いてしまうことで、翻訳にかかる時間と費用を節約することができます。

例えば巻末資料・出典一覧・巻頭言・コラム欄・制作記などのような、本文に直接関わらない付帯部分は、その部分が無くても本質的に支障が出ない場合が多々あります。文書本文でも、翻訳の目的に直接関係しない内容の章は、思い切って削除してよいかもしれません。

電子メールのやり取りなど、比較的短い文書の場合は、気にする必要がないかもしれませんが、報告書をまるごと翻訳するような大掛かりな翻訳依頼を検討している場合などは、対象となる原稿の削減を事前に試してみるのもよいでしょう。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語