翻訳におけるスラングの扱い方

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 翻訳におけるスラングの扱い方

翻訳におけるスラングの扱い方

スラングは特定の地域・集団の仲間内でのみ用いられる俗な表現であり、その扱いは比較的複雑です。その言語で広く普及している表現ならまだましですが、地域や世代によって大きく意味の異なるスラングも多く、プロの翻訳者にとっても難物である場合が多いといえるでしょう。時代の移り変わりによる意味の変遷が激しいスラングなどの場合、ネイティブスピーカーでも適当な意味に訳することは簡単ではないかもしれません。同じ単語を使っていても通常の意味からは想像もできないような意味を含んでいる場合もあります。

スラングを含む文章を翻訳する場合には、単なる言語の知識の他に、その国の文化的背景や実情への理解も必要となります。また、スラングの意味を維持しながら翻訳対象の言語に移す、という作業は、よほど困難であり、もはや文学翻訳の部類に入るといえるでしょう。

余分な誤解の種を除くためにも、スラングは原文から除いてしまうことがよい、という考え方もあります。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語