翻訳原稿の分量を伝える

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 翻訳原稿の分量を伝える

翻訳原稿の分量を伝える

翻訳は一行一行を入念に検討していく作業であり、対象となる文書の分量が多ければ、作業に必要となる手間や時間も比例的に増えます。

大部の文書になると、翻訳結果の文章内で訳語の整合性が取れているか、文体が統一されているか、前後の関係を踏まえた翻訳になっているか、などの点にも注意して翻訳しなくてはなりません。そのため翻訳後のチェックも手間を要します。

翻訳を依頼する際には、原稿のおおまかな分量をあわせて伝えるようにしましょう。それによって料金や時間の見積もりがより具体的に計れるようになります。

また、分量がかなり多い原稿でも、文書の内容に反復が多かったり、決まったパターンのものが多かったりと、比較的翻訳を進めやすいものである場合、翻訳会社側が割引を提示してくれる場合があります。文書の内容がどういった性質のものかも見積り時に説明するとよいでしょう。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語