逆翻訳とは

こんにちは、ゲストさん [ ログイン ]問合せヘルプ

スマート翻訳 > 逆翻訳とは

逆翻訳とは

逆翻訳とは、ある言語から別の言語へと翻訳された文書内容を、再度元の言語に翻訳しなおす作業のことです。
この作業を行うことで、翻訳された文書が正確かつ明確になっているかどうかを客観的に検証することができます。

逆翻訳された文書と元の文書を比較・検証した上で、元の文書により正確な翻訳になるように校正作業を進めることで、最終的により高精度の翻訳が出来上がります。

そのため逆翻訳は、より高精度な翻訳を求められる、特許関連文書や医薬分野の文書におすすめの翻訳サービスです。
スマート翻訳ガイド

ビジネス文書
社内資料
産業
インターネット
医薬
金融・財務
特許
その他
PDF翻訳
ワード翻訳
ヨーロッパの言語
アラブの言語
アジアの言語
アフリカの言語
南アメリカの言語